読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョイ差し生活

新婚20代前半の男がいかにして人生チョイ差しで生きていけるかをつらつらと 綴っていきます。 主に競馬、サッカー(リヴァプール)、バイクについてです。

朝日杯FSについて


どうもHIROです。


スターウォーズシスの復讐を観ていて、ミディクロリアンって馬名っぽいなーなんて思いながら書いています 笑


さて、今日は今週日曜日に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークスについて書いていこうと思います。


朝日杯と言いますと昨年私がJRAVANでやっていたPOGの指名馬リオンディーズが勝ってくれて嬉しかったのを思い出しました。


ただ、個人的には贔屓にしている馬が朝日杯に出ることは歓迎していません。

その理由として


1.  2歳のうちにG1のペースでマイルを走ってしまうとその後もマイルの馬になってしまうのではないか?


2.  朝日杯に出る馬ってその後芳しくないんじゃないの?


といった私なりの偏見があるからなんですが 笑


1.に関しては実際そうではない場合もありますが、わたしが注目していた馬達はそうなることが多いのでその印象が強いためだと思います。


2.は過去10年の朝日杯勝ち馬をみてみると、クラシック戦線に乗ってくる馬がまず少ない。

クラシックでの馬券圏内にしぼると3頭です。

これを多いとみるか少ないとみるかは人それぞれだと思いますが、私としては少ないと感じてしまいますね。なんてったってG1馬な訳ですからね。

さらに阪神に舞台が移ってからの過去2年では二頭ともクラシックで馬券になっていない+3歳のシーズンで故障しています!

このデータはおそろしいですよねぇ…


といったわけで歓迎できないんですよね。

それでも出るからには勝って欲しいし、POG指名馬が勝ったら嬉しいものです。(そうです、私はとても現金なやつなのです 笑)


そんなこんなありますが、今年はというと私の指名馬ではミスエルテ嬢とクリアザトラック君が出走すると思われます。

この二頭、指名馬の中でも期待している二頭であります!


嬢はフランケル産駒ということと、馬体の写真をみて決めましたが、現時点でとても2歳牝馬の身体つきとは思えません。


前走で川田騎手が先を見据えた騎乗をしてくれたこと、先週の阪神JFでソウルスターリング(嬢と同じフランケル産駒)が内から抜けてきて勝ったことは今回牡馬に混じってレースする嬢にとって良い要素だと思います。


第一に若駒のそれもまだ2歳の時点で周りは牡馬しかいないG1に出走する嬢。

ここを勝てば先々はどうなっていくのか本当に楽しみになります!(先ほどは朝日杯の勝ち馬のネガティヴな面を愚痴りましたが、この子は牝馬なので例外だと勝手に考えております。 笑)


できれば枠は外目で最後外に出したくれるだけで大丈夫だと思っていますがどうでしょうか。楽しみです。


クリアザトラックは今年のPOG指名馬で2頭しか選んでいないディープインパクト産駒です。

ディープインパクト産駒は言わずと知れた阪神マイル巧者です。

さらにはノーザンファーム生産、母父フレンチデピュティ、オーナーが金子真人さん、新馬戦での強さ、があの馬と同じなんです。

そう、「マカヒキ」です!

マカヒキと言えば私の昨年のPOG1番馬でして、今年のダービーであります。


そんなマカヒキと密かに少〜しだけダブらせているクリアザトラック君も良い勝負してくれるんじゃなかろうかと楽しみにしています。


2頭とも頑張って!


その他に馬券的には現時点で過去レース、調教、素人目の馬体診断からはタガノアシュラ、モンドキャンノ、サトノアレスが気になります。


特にサトノアレスの馬体はすごく良いと思うんですよ。


ですので先の2頭+サトノアレス→タガノアシュラ、モンドキャンノ、2桁人気馬2頭ぐらい

を絡めた馬券で勝負する予定です。


それでは今週もあと半分ほど、朝日杯的中目指してがんばっていきましょう!